可能性をひらく教育を。
社会に、未来に、価値を伝える。

私たち明光ネットワークジャパンが目指すのは、「人の可能性をひらく」教育。それは同時に、 創造性豊かな社会や、輝く未来を実現するために、極めて重要な役割を担う「投資」であるとも 考えています。ここでは、当社の業績や最新のニュース、中期経営計画など、私たちの教育の現 在と未来をお伝えしていきます。

こちらから最新のIR資料を一括でダウンロードできます。

売上高

190.3億円

営業利益

9.6億円

EBITDA

12.1億円

ROE

11.37%

配当性向

44.0%

 

東証プライム市場:4668 (2021年度業績概要)

MESSEAGE

急速に変化する社会において
教育のあるべき姿を先駆ける。

この数年来、人々の考え方や価値観は大きく変化・成熟し、企業に求められる社会的存在意義も変わり続けています。また、新型コロナウイルス感染症による行動様式 や社会システムの変化によって、教育分野の変革も急速に進み、それは新たな学習の可能性が切り拓かれるきっかけともなりました。その時代において、教育・文化事業を担う私たちに求められる変化とはなにか。私たちはその問いを、お客様や投資家の皆様にも明示・共有しながら、よりよい答えを示していきたいと考えています。

 

ESGやSDGsにおける取り組みは、教育という未来への投資を担う私たちにとって非常に優先度の高いアクションです。質の高い教育やジェンダー平等に関する取り組みをはじめ、私たちに求められる行動を日々考え、実行していきます。また、デジタル技術をはじめとした数多くの選択肢がある中での理想的な指導の可能性に常に目を向け、絶えず更新を図り、これからの時代における教育のあるべき姿をリードしていきたいと考えています。